原稿料や講演料などを報酬・料金として支払う場合、下記に注意が必要です。 (1)-a調査費、取材費、車代といった名目で支払っても、実態が原稿料や講演料と同じならば、源泉徴収の対象です。 (1)-b.旅費や宿泊費は報酬・料金に含みます。
このときに差し引く所得税が、源泉所得税と呼ばれるものです。 この源泉所得税は、差し引いた事業者が税務署に支払わなければなりません。

源泉徴収とは、給料などを支払う事業者が、その支払う金額からあらかじめ所得税を差し引いて国に納める制度のことをいいます。.

講演会などで講師をお願いする場合、謝礼金の源泉徴収をするのかしないのか。消費税はかかるのか。いくら源泉徴収すればよいのか。など、分からないことがいっぱいですね。講演してくれた講師へスムーズに謝礼をお渡しできるように、こちらでは謝礼の基本的な 源泉徴収が必要となる作業内容は、「デザイン料」に該当する①②のみです。 (2) 源泉徴収対象金額. イ 原稿料や講演料など

(1) 源泉徴収の対象となる作業内容. このたび講演会を会社で行うことになりました。講師への謝礼金ですが、謝礼金10万円に所得税分1万1111円を上乗せして会計処理するつもりでいます。そこで疑問に思ったのは、消費税はこういった場合もかかるのでしょうか?そのときの課税 請求書上、 消費税が明確に区分されているため、消費税を除いた金額で源泉徴収税額を計算 します。

3 源泉徴収した所得税及び復興特別所得税の額を納める期限 原稿料や講演料などから源泉徴収した所得税及び復興特別所得税の額は、支払った月の翌月10日までに納めなければなりません。 (注)納期の特例の対象とはなりません。 3 源泉徴収した所得税及び復興特別所得税の額を納める期限 原稿料や講演料などから源泉徴収した所得税及び復興特別所得税の額は、支払った月の翌月10日までに納めなければなりません。 (注)納期の特例の対象とはなりません。 源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲は、その報酬・料金等の支払を受ける者が、個人であるか法人であるかによって異なっています。 (1) 報酬・料金等の支払を受ける者が個人の場合の源泉徴収の対象となる範囲.
これに対して、税理士からの請求書に、税理士報酬100,000円、消費税等8,000円と記載されており、報酬金額と消費税等の額とが区分されている場合には、源泉徴収税額は税理士報酬100,000円の10.21%相当額である10,210円となります。 保育所や介護施設では、講師を招いて講義や講演をしてもらうということもよくあるかと思います。 実は、この講師料や講演料ですが、これまでの経験上、報酬支払いの際に源泉所得税の徴収が漏れているというケースに結構な頻度で遭遇してきました。