外装6段ギアは自転車の変速機としては昔からあるポピュラーな変速機構です。 . あなたはどんな自転車に乗っていますか? その自転車には、変速機が付いていますか? ママチャリでも、変速機が付いている自転車が一般的です。 しかし、この変速機、実は内装と外装の2種類あるのです。 今回は、そんな自転車の変速機についてご紹介します。 軽いギアは、自転車の漕ぎ出し(信号などで止まったあとのリスタートの時)、坂道などで使います。 信号などで止まる前には軽いギアに戻しておく癖を付けると、自然で、スマートなライドになります。 【重いギアの使い方】 ハンドルにあるレバーやダイヤルを回すと、ワイヤーのテンションが変わり、それに合わせてリアの変速機が動きます。 シマノの街乗り用内装変速機、Nexusシリーズは内装3段、内装5段、内装7段、内装8段とわかれている。ネクサスインター8を装着したBE-ALL BT20-8に乗ることができたので、ここで、内装3段、内

外装6段ギアの仕組み.
例えば、後ろのギアが8段の自転車と9段の自転車があったとして、後ろのギアのいちばん大きい(軽い)ギアの歯数が32、小さい(重たい)ギアの歯数が11だとすると、カバーしている範囲は同じ。違うのは、あいだの段数だけなんです。