今敏監督の遺作『パプリカ』をネタバレ解説。フロイトやユングの「夢」に関する研究を引用しながら、現実と虚構のボーダーラインがなくなりつつある現代を生きる知恵に満ちたその内容について考察し … それから映画好きだったら興奮するオマージュ要素がいくつか仕込まれているらしい。今さん自身のそれまでの作品の示唆があったり。わかりやすいのは粉川がイマジナリーラインの説明するところ。 黒澤明監督登場。 主観と客観、潜在と顕在 6. 2019年11月21日 01:32 日刊サイゾー 『パプリカ』監督が手掛けるbeyooooondsのmv、オマージュだらけですごいと話題に. 【ストーリー】夢に入り込み、夢を犯すテロリストに立ち向かう夢探偵“パプリカ”の活躍を描くファンタジー・アニメ。日本が誇るsf作家である筒井康隆の同名原作を、『パーフェクト ブルー』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』の今敏監督が映像化した。 パプリカとは今敏監督によるアニメ映画である。原作は筒井康隆作の小説「パプリカ」。2006年11月25日に劇場公開された。 千葉敦子は夢を共有できる装置dcミニの中で別人格「パプリカ」となって活躍するサイコセラピスト。ある日、研究所からdcミニが奪われてしまい悪用される事件が起こる。 『パプリカ』(2006)は夢に入り込める装置、DCミニをめぐるサイコセラピスト、パプリカの奮闘を描くSFアニメーション映画です。 監督はアニメーション監督である今敏。 本作はポルト国際映画祭Criti 粉川がパプリカにパンフォーカスとイマジナリーラインを説明するくだりが面白い。粉川の帽子とサングラス、そしてパンフォーカス。黒澤明をこんなところで出してくるとは。(笑) あちこちに色々な映画のオマージュが仕組まれている。 「絶対見ておくべきアニメ映画」と題されたランキングで上位にランクインしていた「パプリカ」というアニメ映画を観てみたので感想を書きたいと思います(“夢”が主題ってことで話題となった「君の名は。」を連想したのもある)。 『パプリカ』は、2006年の日本のアニメーション映画。監督は今敏、原作は筒井康隆による同名の長編SF小説。 企画から完成までの制作期間は2年半 。. パプリカは、映画館の中に乱入してきたキャラクターたちの中に時田が変身したロボットの姿もあるのを観て、時田と氷室の夢が、粉川の夢の中に混入している事に気づく。 パプリカは、研究所に戻り、意識そのものが連れ去られたみたいだと判断する。 粉川がパプリカにパンフォーカスとイマジナリーラインを説明するくだりが面白い。粉川の帽子とサングラス、そしてパンフォーカス。黒澤明をこんなところで出してくるとは。(笑) あちこちに色々な映画のオマージュが仕組まれている。